生涯学習制度

 2022年4月より新生涯学習制度が開始となりました。本制度では、登録理学療法士、認定理学療法士、専門理学療法士という認証が定められています。本制度を活用し、決められたカリキュラムを履修していくことで、それぞれ取得可能です。

 本制度は、国民に対して理学療法士という専門職の質を保証するために、5年毎の更新制で生涯にわたり、知識・技術の維持向上が可能となるように制度設計されています。

 協会へ入会した理学療法士は、まず登録理学療法士の取得を目指します。登録理学療法士取得のためには、「前期研修」を履修します。その次に「後期研修」を履修することで最短5年間で「登録理学療法士」が取得できます。前期研修・後期研修では、多様な障害像に対応できる能力を有する「ジェネラリスト」の育成を行います。

 登録理学療法士となった本会会員は、5年ごとの更新を目安に自己研鑽を続けます。5年毎の更新制により、生涯にわたる知識・技術の維持と更新を促進し、社会に対する理学療法士の質の担保の証としています。

 本制度では、登録理学療法士を基盤とし、より高い専門性を兼ね備える「認定理学療法士」、「専門理学療法士」制度を構築しています。認定・専門理学療法士制度は、より専門性の高い臨床技能を有する「スペシャリスト」の育成プログラムです。

 資格の更新については、認定専門理学療法士取得後は、5年ごとの更新は必須となりますので、認定専門の更新と登録理学療法士の更新がそれぞれ必要となります。

登録理学療法士の取得・更新や、認定・専門理学療法士の取得・更新に関する情報は以下URLより確認いただけます。

生涯学習制度について|生涯学習|公益社団法人 日本理学療法士協会
生涯学習制度についてご紹介します。

お問い合わせ先:

公益社団法人 広島県理学療法士会 教育局

educat@hpta.or.jp

タイトルとURLをコピーしました