訪問リハビリテーション実務者研修会アドバンス編(研修会)のお知らせ

平成26年11月13日

公益社団法人 広島県理学療法士会

会員の皆さま

 

公益社団法人  広島県理学療法士会

会  長 沖田 一彦

訪問リハビリテーション推進委員会 絹川 裕次

 

訪問リハビリテーション実務者研修会アドバンス編(研修会)のお知らせ

 

 時下、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は、ご格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 昨今の訪問リハビリテーションへの社会的な要求の増大により、訪問リハビリテーション実務者への研修は急務とされています。当会も、広島県作業療法士会、広島県言語聴覚士会と合同で訪問リハビリテーション実務者研修会を行っているところです。しかし、そこで学んだ知識や技術のみでは訪問の現場に対応するために十分であるとは言い難く、それを現場に生かすための一歩進んだ「アドバンス」な内容の研修会が求められています。

 そこでこの度、訪問リハビリテーション実務者研修会修了者向けの研修会を開催することとなりました。

 

 

テーマ:「転倒予防」「嚥下障害」の評価やアプローチの流れ

日 時:平成27年1月25日 (日曜日) 9時半〜16時40分

会 場:YMCA国際文化センター 本館402号室

講 師:坂口 暁洋 氏 (訪問看護ステーションみなみ)

参加費:無料

対象者:広島県理学療法士会会員で訪問リハビリテーション実務者研修会修了者の方

定 員:50名

お申し込み期間:平成26年11月13日(木)〜平成27年1月16日(金) 厳守

お申込み先:http://goo.gl/Rn4UtM にアクセス後、送信してください。

お問い合わせ:http://goo.gl/d4Kh1e にアクセス後、送信してください。

 

 

 

主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員 
会場
YMCA国際文化センター
締切:
2015年1月25日
定員
50名
分類
その他の講習会 
地域
広島中 
ページトップ