第11回広島保健学学会学術集会・第15回広島保健福祉学会学術大会 合同学会

第11回広島保健学学会学術集会・第15回広島保健福祉学会学術大会合同学会
災害復興に果たす保健学の役割
日 時:平成26年10 月11日(土)10:00〜17:00
会 場:広島大学広仁会館 広島市南区霞1−2−3
学会長:浦邉 幸夫(広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授)

プログラム

10:15〜11:30

特別講演 Anton Wicker氏 (ザルツブルク大学リハビリテーション医療学部 教授)

演題 「スポーツ外傷の予防‐特にスキー外傷のリハビリテーションの経験から‐」

座長: 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授 出家 正隆 氏

11:30〜12:30 一般演題発表

13:30〜14:30 一般演題発表

14:40〜16:40

シンポジウム

「大規模災害に対する保健学への期待」

座長: 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授 浦邉 幸夫 氏

県立広島大学保健福祉学部 准教授 日高 陵好 氏

大会HP:http://home.hiroshima-u.ac.jp/~hsc/hs/hsc2014/top.html

【参加費】

参加費 一般 1,500円 学生 無料

【お申込み方法】

事前参加登録は受け付けておりませんので、ご了承ください.

参加ご希望の方は,当日受付へお越しください.

【お申込み・問い合わせ先】

第11回広島保健学学会学術集会・第15回広島保健福祉学会学術大会

合同学会 事務局

広島大学大学院医歯薬保健学研究院 「合同学会」 事務局長

藤田 直人 E-mail : fujitan@hiroshima-u.ac.jp

<主催:広島大学大学院医歯薬保健学研究院・県立広島大学三原地域連携センター>

主催者
その他
受講対象者
会場
広島大学広仁会館
受講費
1500円
分類
学会 
地域
広島南 
添付ファイル
添付ファイル(1)
ページトップ