第2回 呉支部主催 Web研修会開催のお知らせ

令和3年10月吉日

公益社団法人

広島県理学療法士会会員各位

公益社団法人 広島県理学療法士会

会長 甲田 宗嗣

 中南部地区局長  井出 善広

呉支部長  吉田 康兵

 

呉支部主催 Web研修会開催のお知らせ

 

拝啓

 呉支部会員の皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。さて、下記の要領で呉支部研修会を開催いたします。万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようよろしくお願いいたします。                                        

 敬具



 

 

日時 : 令和3年11月21日(日) 9:00〜12:20

方法 : Web配信(Zoomアプリ使用、PC、スマートフォン、タブレットで視聴可)

講演テーマ : 「糖尿病の基礎知識と糖尿病理学療法の実践」

講師 : 岩城 大介 氏(広島大学病院)

スケジュール : 講義(1)9時00分〜10時30分 講義(2)10時40分〜12時10分

申し込み方法 : 日本理学療法士協会マイページからお申し込みください

定員 : 100名

セミナー番号 : 26075

申し込み期間 : 令和3年10月14日〜令和3年11月7日

取得単位認定 :新人教育プログラム C-3 内部障害の理学療法

       内部障害理学療法専門分野 c 認定理学療法士(代謝)

参加費 : 会員:無料、会員外:500円、非会員:5000円

 
  • 会員:本会会員、会員外:他都道府県の日本理学療法士協会会員、他職種、学生、非会員:日本理学療法士協会に入会していない理学療法士、一般市民

  • 受講費のお支払い後のキャンセルについて、協会主催学会・研修会では原則として受講費の返金は致しかねますので、予めご了承ください。

  • 本研修会はライブ配信形式のWeb研修会です。後日、受講者全員に視聴方法等の詳細をメールにてご案内させていただきます。

  • 日本理学療法士協会の会員情報で携帯キャリアのメールアドレスをご登録されている方は、申込後にご案内する詳細メールを受信出来ない場合がございます。予めご留意いただきますようお願いします。






 

【講演内容】

医療機関において、理学療法士は主に疾患別リハビリテーション料として診療報酬を算定して業務を行っている。しかし、糖尿病はどの疾患別リハビリテーションにも当てはまらず糖尿病に対する理学療法はリハビリテーション料を算定することができず糖尿病患者の運動療法指導に積極的に関わることが出来ないのが現状である。では、理学療法士は糖尿病に対する運動療法の知識を持つ必要はないのか。それは、糖尿病患者の半数以上が60歳以上であり令和元年国民健康・栄養調査の報告で、20歳以上の年齢層で糖尿病が強く疑われる者と糖尿病の可能性を否定できない者の総数は2000万人を超えていること、高齢男性者にのみ焦点を当てると30%が当てはまることを考えると必要がないとは言い切れない。さらに、その中でも理学療法の対象となってくる基礎疾患を持っている患者層を考慮すると更に糖尿病の可能性を否定できない者の割合は高まると考えられる。つまり、糖尿病を主疾患として理学療法の対象となる患者は少ないが、脳血管疾患や心疾患に対して疾患別リハビリテーションを行っている方の多くに糖尿病が併存している割合はかなり高いことが考えられる。そのような患者に対して糖尿病の知識を合わせて運動指導をすることで主疾患だけでなく糖尿病に対しても考慮した運動処方が可能になることは患者目線に立てば有意義であるといえる。

本講演では糖尿病に関する基礎知識であるインスリンの作用などから、実際の理学療法としてどのようなことを行っているのか具体例も取り上げながら行っていく。

 

【問い合わせ先】

呉記念病院 リハビリテーション科 沖祐輔

E-mail:gakuzyutsu.kureshibu@gmail.com  

主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員 
会場
Zoom会場
定員
100名
受講費
0円
分類
新人教育プログラム対応講習会  専門・認定理学療法士制度対応講習会 
地域
呉 
ページトップ