第2回広島西支部研修会のお知らせ(災害に対する備えと制度〜リハビリ専門職ができる支援と役割〜)

公益社団法人 広島県理学療法士会

会員の皆様                      

令和3年1月吉日

                公益社団法人 広島県理学療法士会

会    長 甲田 宗嗣

西部地区局長 木村 和則

広島西支部長 馬上泰次郎

令和2年度 第2回広島西支部研修会のご案内(お知らせ)

拝啓

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素はご格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

平成30年7月の広島豪雨災害など、近年これまでの想定を超えた災害が生じる機会が増えております。

広島市で行われている災害の備えの現状や利用できる制度について、広島市で実際に活動なさっている保健師の方を講師に招き、広島市の課題や特徴をご講義いただきます。

それらの内容を通して、リハビリ専門職が行える支援について、実際の事例を踏まえながら検討していただければと存じます。

また、本研修会は、新人教育プログラムの単位認定対象となります。

ご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

敬具

【日時】  令和3年2月12日(金)19:00〜21:00 (18:45受付開始)

【形式】  WEB研修会(ZOOMを使用)

 

【テーマ】 災害に対する備えと制度〜リハビリ専門職ができる支援と役割〜

 19:10〜19:30 「広島市の災害支援の制度と現状について」

  保健師 久留原 由香  先生 (広島市健康福祉局保険部健康推進課)

 19:35〜20:50 「リハビリ専門職ができる支援と役割」

  理学療法士 馬上 泰次郎 先生 (コールメディカルクリニック広島)

 19:50〜 質疑応答 20:00 終了予定

 

【定員】:80名 ※広島県理学療法士協会会員のみのお申込みとさせていただきます

【会費】:無料

【申し込み方法】会員の方は単位認定にかかわらず、日本理学療法士協会HPのマイページよりお申し込みください

【セミナー番号】:24269 

【申込期間】:令和2年12月22日〜令和3年2月2日

※ 新人教育プログラムC−5(地域リハビリテーション)

【注意事項】

1)申込期間中であっても、定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。

2)マイページから一旦申込みをされると、変更・キャンセルはできません。申込み前にはご自身の履修状況を確認し、お間違えの無いようにご注意ください。

3)研修会参加に必要なミーティングID及びパスワードを後日メールにてお知らせいたします。ZOOMがご使用いただける環境を各自、事前に準備していただき、受講していただくようにお願いいたします。携帯電話キャリアのアドレスでは情報などがお届けできない場合がございますのでPCメールでの登録をお願いいたします。

4)各講義の開始10分以上の遅刻、または講義途中の無断退室をされた場合、単位認定をいたしません。

5)事前申込みに関して、問い合わせをされる場合は、所属、氏名、問い合わせ内容を記載の上、下記の連絡先までご連絡ください。

【連絡先】 荒木脳神経外科病院 佐藤優子 荒木脳神経外科病院 riha@arakihp.jp      

以上    

主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員 
開催期日
2021年2月12日
会場
WEB研修会(ZOOMを使用)
締切:
2021年2月2日
定員
80名
受講費
無料円
分類
新人教育プログラム対応講習会 
地域
広島西 
ページトップ