第3回在宅リハビリテーション研究会

在宅リハにご関心をお持ちの会員の皆さま 

:2019/9/13更新! 更新箇所へジャンプ

第3回在宅リハビリテーション研究会

 当研究会は,在宅で働く理学療法士が「在宅でのリハビリテーションの現場で自らが得た知見を発信する場」を設けるという意図のもとで発足されました。この研究会も今回で第3回目となります。今回の研究会の新たな取り組みとして,多職種の参加も可能となり,さらに在宅で関わる方々との情報共有,学術的な知見を深めていける場になることと思います。

 我が国は諸外国に例をみないスピードで人口高齢化が進んでおりますが,高齢になると心身の機能の減衰する「フレイル」の状態に陥ります。また,このフレイルの中核要因としてはサルコペニアが深く関係していることが示されています。基調講演では超高齢社会を迎え健康寿命の延伸に関係する「サルコペニア」について鈴木裕也先生にご講演頂きます。有意義な一日となりますよう準備委員一同皆様の参加を心よりお待ちしております。ぜひ気軽にお越し下さい。

実行委員長 福尾実人

ご 案 内

日 時:2020年 1月 25日 (土)13:00  〜 17:00(受付開始12:30)

会 場:広島市西区民文化センタースタジオ

内 容:演題発表・討議

講 演:「サルコペニアを防ぐリハビリテーションと栄養管理」

講師: 製鉄記念八幡病院  

鈴木裕也 (理学療法士)

 

参 加 方 法 に つ い て 

参 加 費: 会  員  ※1: 1,000円

  会 員 外  ※2: 1,000円

  学   生  ※3: 500円

  非 会 員  ※4:10,000円

  ※1広島県理学療法士会会員  ※2県外会員、他職種 ※3学生証をご提示ください ※4非会員PT

事前登録:当日スムーズな運営のために事前登録にご協力ください ※当日受付も可能です。

以下の登録フォームに必要事項を記入し送信してください。

こちらをクリック→→→   登 録 フ ォ ー ム  

     

 

演 題 募 集 に つ い て

発表形式: 研究・症例発表・活動報告

応募資格:日本理学療法士協会会員・他医療・福祉職種

募集期間: 2019年9月1日(土) 〜 2019年11月22日(金)

応募にはこちらのテンプレートをご利用ください
 → 抄録テンプレート
 → 口述発表用COI テンプレート 
 

○演題テーマ例

 ‥ ゴール設定、活動と参加、介護・転倒予防、外来・通所・訪問の事例など

在宅リハビリテーション研究会演題発表キーワード例を参照ください)

 

**   応募方法など詳細は、   **
** 添付の募集要項をご覧ください **

 

 

■■■■   ご 注 意   ■■■■
■■■■ 倫理的な配慮について ■■■■

演題の応募にあたっては必ず募集要項の、

「8.応募演題に関する倫理上の注意点」を

よくご確認ください。場合によりましては、

抄録の修正をお願いすることがございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

       お問合せ先       

○  longtermcare(a)hpta.or.jp(三上)  ○

※迷惑メール防止のため@を(a)に変更しています

○  学会での発表経験がまだない方や、 ○

○  演題のテーマに関するご相談など、 ○

○  ご気軽にお問い合わせください。  ○

 

添付資料ダウンロード

1.募集要項

2.キーワード集

3.抄録テンプレート

4.口述発表用COI テンプレート

主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員  保健医療福祉従事者 
開催期日
2020年1月25日
会場
広島市西区民文化センター
定員
200名
受講費
1000円
分類
学会 
地域
広島西 
添付ファイル
添付ファイル(3)
ページトップ