福山支部 2021年度第1回症例検討会を開催しました。

2021年9月28日(火)に福山支部にて第1回症例検討会をweb開催し25名の方が参加されました。

 

報告事例

『急性期重度片麻痺に対する歩行能力改善に向けた介入 -長下肢装具とBWSTTを用いて-』

脳神経センター 大田記念病院 塚原 帆風 氏

 

『膝化膿性関節炎に敗血症を併発した症例 -トイレ動作獲得を目指して-』

福山医療センター 石橋 洋平 氏

 

1症例目では脳卒中の患者様に対してSPEX膝継ぎ手付き長下肢装具、BWSTTを用いたアプローチ、2症例目で膝化膿性関節炎に敗血症、胸水貯留、脳梗塞を併発し早期離床、積極的なアプローチが出来なかった症例を発表して頂きました。

 

発表された先生方はその症例を通して得た疑問や実践したことを丁寧にまとめて発表されていました。

参加された先生方からも活発に質問や意見、アドバイスを頂き、有意義なディスカッションが行えていました。

 

福山支部 症例研究部

医療法人 健応会 福山リハビリテーション病院

掛川 侑冶
ページトップ