令和3年度 呉支部第1回研修会を開催しました。

「腰部脊柱管狭窄症に対する理学療法」 多々良大輔 氏(福岡志恩病院)

 

本研修会は、腰部脊柱管狭窄症の病態や画像所見と症状の関連についてエビデンスやケーススタディを交えながら分かりやすくご講演いただきました。脊柱の代償機構を踏まえた理学療法評価、介入戦略についてご丁寧に解析いただき、腰部脊柱管狭窄症患者に対する介入方針を考える上で重要な知見について理解を深めることができました。

 今年度初の呉支部主催研修会でしたが、大きなトラブルなく大変有意義な研修会となりました。

 次回は11月21日に「糖尿病の最新の理学療法と知見」という内容でWeb研修会を予定しております。

ページトップ