広島県理学療法士会の紹介

広島県理学療法士会の紹介

新会員の皆様へ

国家試験合格、就職おめでとうございます。皆様を心から歓迎します。
これから理学療法士として新しい一歩を踏み出すにあたり、今胸に抱いている夢や目標をこれからの理学療法士生活の中で忘れず大切にし、実現に向けて日々研鑽を積んでください。本会では理学療法を通して社会に貢献するため、多施設間で連携しながら社会活動、学術・教育活動など様々な活動を行っていますので、是非、積極的に参加してください。皆様のご活躍を心から応援しております。

【活動内容】

公益社団法人 広島県理学療法士会は、理学療法士の技術の向上と研鑽を図り、県民の医療、保健の充実および福祉の向上に寄与することを目的とした団体です。本会はこの目的を達成するため、医療、保健、福祉に関する調査研究や地方公共団体等の行う地域保健事業への協力、理学療法に関する学会、講習会等の開催、またその他本会の目的達成のために必要な事業を行っています。

【沿革・会員数】

昭和40(1965)年6月「理学療法士及び作業療法士法」が公布され、翌41年7月に日本理学療法士協会が設立されました。本会は昭和46年に会員数22名で発足し、平成5年4月に、「社団法人 広島県理学療法士会」として広島県より認可を受けました。 令和2年2月現在、会員数は3,109名(施設数530)となり、広島県下において医療・福祉・教育(研究)の各分野に活躍中です。

ページトップ