医療と生活をつなぐ心臓リハビリテーション

医療と生活をつなぐ心臓リハビリテーション

医療と生活をつなぐ心臓リハビリテーション

 

心臓の病気は日本人の死因第2位(図1)。この病気はある日、突然、胸が痛くなったり、息が苦しくなったり、意識を失う方もあり、生命に直結することがある非常に怖い病気です。

症状によっては入院して厳重な管理の下で治療を行います。安静にしておかなければならない期間もあり、体がかなり弱ることがあります。そうなると、歩けなくなるなど今まで普通に行っていた日常生活に支障が出てきます。

そこで、患者さんの体力を安全に回復させるために、医師の指示のもと、理学療法士と一緒に実施していくのが、心臓リハビリテーション(以下、心リハ)です。心リハは、まず、自分の病気をきちんと知ることから始まり、患者さん一人ひとりに対応した運動指導を通して体力の回復を図るとともに、安全管理、冠危険因子管理など病気の再発を防ぐための指導、心のケアなどを総合的に行うものです。

退院後の「また、胸が痛くなったらどうしよう」「どんな運動をどれくらいしたらいいのか、わからない」という不安や疑問、退院後の心配などを抱えておられる方にも、一人ひとりの状態に合わせてきめこまかい説明や指導も行います。

 

「医師、理学療法士、看護師、薬剤師、臨床心理士など多くの専門医療職がかかわって、患者さん一人ひとりの状態に応じたリハビリプログラムを提案、実施します。」

(日本心臓リハビリテーション学会「http://www.jacr.jp/web/」より抜粋)

 

※冠危険因子とは

冠動脈の動脈硬化を起こして、冠状動脈疾患の原因となるものです。高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎不全などの病気や喫煙、運動不足の生活習慣、男性、高齢、肥満、家族歴など該当する項目が多いほど、冠動脈疾患を発症する危険度が高くなります。

 

心リハの対象となる疾患は?

心筋梗塞、狭心症、心臓や大血管の術後、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症の患者さんが対象です。心リハを行う場合は医師の指示が必要となります。(表1)

心リハの内容は?

急性期(治療や手術後1週間以内)はまず、ベッドから起きて、立ったり、歩いたりしても、自覚症状(胸が痛くないか、息が苦しくないかなど)と他覚症状(過度の血圧上昇や低下がないか、不整脈など)がないか確認します。この時期は点滴がついていたり、酸素を吸入している方も多いので、理学療法士と一緒に行います。

急性期を経て日常生活が自立できると、体の状態に合わせて体力をつけていくことがメインになってきます。心肺運動負荷試験という特殊な検査をして、自分自身の体力がどれくらいあるかを調べ、適切な運動負荷(有酸素運動から無酸素運動に変わる少し手前の運動)を決めて、運動を継続していきます。

例えば、ウォーキングや自転車エルゴメーター(タイヤのついていない自転車を漕ぐ運動)などの有酸素運動(自覚運動強度で楽である〜ややきついと感じる程度の運動)やレジスタンストレーニング(筋力トレーニング)があります。

「また、胸が痛くなったらどうしよう」「どれくらいしたらいいのか、わからない」という不安や疑問、退院後の心配などを抱えておられる方もかなりおられるのではないでしょうか。

実施時間は、1回1時間程度としますが、入院中以外の患者さんについては、1日当たり1時間以上、1週間で3時間を標準とします。ただし、患者さんによって病状が異なりますので、患者さんの状態に合わせて、様子を見ながら実施時間は増減します。

退院前には、再発予防に重要な栄養指導や内服指導を行って、再発の不安や疑問をできるだけ解消し、退院後も安心して生活できるようフォローしていきます。

例えば、食事であれば炭水化物・たんぱく質・脂質のほか、ビタミン・ミネラルなどの栄養素バランスをよく摂りましょう。

またワーファリンを飲まれている方は納豆にはビタミンKが多く含まれ、ワーファリンの拮抗作用がありますので、食べないようにしましょう。その他、ビタミンKを多く含む野菜(キャベツ・小松菜・ほうれん草・春菊)もたくさん食べないにようにしましょう。

ページトップ