認定理学療法士に聞くNo.2

認定理学療法士に聞くNo.2

新人教育プログラムを修了して、さらなる高みを目指す理学療法士がいます。
そのような理学療法士は認定理学療法士を取得し、その数は年々増加しています。

日本理学療法士協会 総会員数:96,648名
認定理学療法士取得者数(延べ人数):2,254名
認定理学療法士取得者数(実数):1,958名
※2016年4月1日

今回は、認定理学療法士(循環)を取得された富田 瑛博さん(広島市立安佐市民病院)にお話を聞きました。

なぜ、認定理学療法士を目指そうと思ったのですか?

 

富田:特に大きな理由はありませんが、安佐市民病院という職場が、学会発表や資格の取得を積極的に進めている環境であったため、認定理学療法士資格を取得することは自然の流れでした。
これまでにも、心臓ハビリテーション指導士・3学会呼吸療法認定士の資格を取得しており、認定理学療法士は、数ある資格の中での一つの到達点であると考えていました。
理学療法士は毎年約1万人増加しており、いつか理学療法士が飽和状態になるのではないかと、私は危機感をいだいています。なので、将来的に、認定理学療法士の資格を持っていることが、自分の盾になってくれるのではと思っています。私自身がもし経営者であるのなら、認定理学療法士などの資格や自己研鑽をしている人を採用したいと考えます。

認定理学療法士になるまでに大変だったことはありますか?

 

富田:そこまで大変なことはありませんでしたが、遠方の研修会や試験に参加する必要がありました。循環の分野は10症例のレポートの提示が必要であり、時間をかけて作成していきました。また、履修ポイントの使用に工夫が必要でした。これから資格の更新をしていかないといけないので、資格の取得の際にどの履修ポイントを使用するのかを熟慮しました。

認定理学療法士になってよかったことは何ですか?

 

富田:当院のリハビリ室の入り口に掲示されているスタッフリストの資格の欄に、

 

「認定理学療法士(循環)」

 

と記載できたことです。自身の努力が、資格として客観的に証明されることを嬉しく思います。
また、スタッフリストをみた患者様が、少しでも安心して私に運動療法を任せてくれると思うと、資格の取得には大きな意義があったのではと思います。

今後、認定理学療法士としてどのようなことを頑張りたいですか?

 

富田:認定理学療法士の取得前と変わるわけではないですが、これまでどおり臨床や学会発表、実習指導を頑張っていきたいです。これから認定理学療法士という資格・ブランドがもたらしてくれるであろう出会い・チャンスを活かしていけるように自己研鑽を続けていきたいとも思っています。

ところで、この夏の思い出は何ですか?

 

富田:やっぱりカープの優勝です。今年の夏は2試合観戦に行くことができました。
しかし、25年ぶりの優勝という大切なその日に、家族で九州旅行に出ていたため、広島の熱い空気を感じることができませんでした。本通でハイタッチがしたかった!

認定理学療法士として、これからも仕事に邁進していきたいですが、プライベートも同様に充実させていきたいです。

ページトップ